アンダー・ザ・ウォーター (2017)

2018年1月6日公開 88分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
アンダー・ザ・ウォーター
(C) 2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

見どころ

海面の上昇によって人類滅亡の危機を迎えた21世紀末の未来を舞台にした北欧発のSFサスペンス。動植物の多くが絶滅する中、かすかな望みを懸けて過去に分身をタイムスリップさせた主人公の姿を描く。出演は、デンマークのドラマシリーズ「THE KILLING/キリング」などに出演するカーステン・ビィヤーンルン。監督を、ドキュメンタリーなどを手掛けてきたマックス・ケストナーが務める。

あらすじ

2095年、海面が上昇して大陸の大部分が海になり、動植物のほとんどが絶滅していた。ファン・ルン大尉は政府の密命を受け、海水を真水に変える研究結果を発表しないまま2017年に飛行機事故で死亡した女性科学者にコンタクトを取るため、QEDAと呼ばれる自らの分身を2017年へとタイムスリップさせる。しかし、QEDAとの通信が切れてしまい……。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督

映画詳細データ

英題
MAN DIVEDED
製作国
スウェーデン/デンマーク/フィンランド
配給
  • クロックワークス
カラー
(ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

[PR]
  1. 映画
  2. 2018年1月1日の週の公開作品
  3. アンダー・ザ・ウォーター
[PR]