青春映画がアツい!11月の放課後ムービー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

 11月は『走れ!T校バスケット部』『ういらぶ。』など“青春”にフォーカスした映画が続々と公開! 友達や恋人と学校帰りに観たい“放課後ムービー”を紹介します。(編集部・吉田唯)

『ビブリア古書堂の事件手帖』11月1日公開

黒木華×野村周平が織りなす感動ミステリー

 古書の知識が豊富で推理力に長けた古書店主の栞子(黒木華)と、過去の出来事から本が読めなくなった青年・大輔(野村周平)が、古書にまつわる謎を解き明かしていく姿を過去と今を交差させて描く感動ミステリー。二人の謎解き要素はもちろんのこと、大輔の祖母(夏帆)と彼女に惹かれる小説家志望の嘉雄(東出昌大)の二人が織りなす純愛物語も見どころの一つ。黒木もイベントで「本当に純文学のようなお二方」と同パートを絶賛していました。

[PR]

『スマホを落としただけなのに』11月2日公開

北川景子の女優魂が光る!

 志駕晃の同名小説を基に、恋人がスマートフォンを紛失したことから主人公・麻美(北川景子)の周りで起こる不可解な出来事を追うSNSミステリー。鑑賞後には「もしも今スマホを失くしたら……」という想像を話さずにはいられないので、友達と一緒に観に行くのにピッタリ。拷問シーンやクライマックスの長ゼリフなど、女優魂を見せた北川の芝居にも注目です。

『ヴェノム』11月2日公開

新たなダークヒーローの誕生!

 主人公・ヴェノムは、ジャーナリストのエディ・ブロックが地球外生命体に寄生されたことから誕生したダークヒーロー。グロテスクなルックスのヴェノムとなって容赦なく人間を襲うといったダークな要素もありつつ、エディと地球外生命体の絶妙なコンビネーションが人気を集めそうです。エディを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。ヴェノムはスパイダーマンの宿敵とあって、本作以降の展開にも期待が高まります。

『走れ!T校バスケット部』11月3日公開

イケメンたちの熱い青春スポーツ映画!

 いじめに遭ってバスケットボールの強豪校を退学した主人公が、転校先で弱小バスケ部に入部したことをきっかけに次第にバスケへの熱意を取り戻し、勝利を目指して奮闘する姿を描く青春映画。多田野高校(通称T校)バスケットボール部のメンバーを演じるキャスト陣には、志尊淳佐野勇斗戸塚純貴佐藤寛太鈴木勝大という人気若手俳優が勢ぞろいしています。友情出演として竹内涼真千葉雄大も名を連ねており、まさに“イケメン天国”状態。青年たちが汗を流しながら、青春をバスケに懸ける姿に胸が熱くなります。

[PR]

『ういらぶ。』11月9日公開

俺様&こじらせキュート!どっちの平野紫耀が好き?

 人気急上昇中の平野紫耀(King & Prince)が、幼なじみの優羽(桜井日奈子)のことが大好きすぎて素直になれず、ドSのフリをする超こじらせ男子・凛を演じる本作。優羽の前での俺様ぶりと、優羽への思いを爆発させるこじらせキュートな裏の一面を持つ凛のギャップに心をくすぐられます。共演には、そんな凛の恋のライバル役を務めた伊藤健太郎のほか、磯村勇斗玉城ティナ桜田ひよりらフレッシュな俳優陣が集結しています。

『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』11月10日公開

海外の人気若手俳優をチェック!

 海外のイケメンをチェックしたいなら本作がおすすめ! 『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンらが、富裕層の少年たちによって構成された実在の社交クラブ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」のメンバー役で初共演。未熟な天才たちが起こす欲望まみれのスキャンダルが、スリル満点に描かれます。

『ギャングース』11月23日公開

注目の3人が息ピッタリの掛け合い!

 高杉真宙加藤諒渡辺大知というタイプの異なる注目俳優がトリプル主演を務め、少年院で出会った3人の少年が、裏社会でもがきながら生き抜いていく姿を捉える本作。社会の最底辺を生きる三人にふんした俳優陣が、息ピッタリの掛け合いを繰り広げ、物語に引き込んでいきます。メガホンを取ったのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督。“裏社会”というダークな題材でありながら、爽快感のある少年たちの友情&成長物語に仕上がっています。

[PR]

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』11月23日公開

若き日のダンブルドアが登場!

 魔法動物学者のニュート(エディ・レッドメイン)を主人公に、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛けるシリーズの第2弾。魔法界と人間界を支配しようとする“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)にニュートが立ち向かう本作の注目ポイントは、ハリーたちが魔法を学んだ“ホグワーツ”が登場すること。ジュード・ロウふんする若き日のダンブルドアが早くも話題を集めています。もちろん、前作に引き続き魔法動物たちのキュートな魅力も健在!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 特集・連載
  2. 青春映画がアツい!11月の放課後ムービー
[PR]