やっぱり猫が好き!もふもふ可愛い猫映画に注目

今週のクローズアップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

 とにかくもふもふキュートな猫にいやされたい! 日々のストレスを吹き飛ばしてくれる可愛い猫ちゃんが登場する映画に注目しちゃいます。(編集部・小山美咲)

 誰でも気軽に猫の愛らしさに触れることができるのが猫映画の魅力。しかし一口に猫映画と言っても、実はそのジャンルは豊富。ハートフルな作品から笑えるコメディー、号泣必至の感動作もあります。そのうえ、猫映画は名作ぞろい。魔女の少女が黒猫と共に旅立つアニメ『魔女の宅急便』をはじめ、ボクサーと猫の暮らしを描く人間ドラマ『猫なんかよんでもこない。』や、野良猫たちの姿を追ったドキュメンタリー『猫が教えてくれたこと』など誰もが知る作品も多いですね。ここでは公開中~2019年春までに公開されるオススメの猫映画を紹介していきます。家でまったり観るのもいいですが、映画館の大きなスクリーンで猫映画を満喫するのもまた格別です!

『旅猫リポート』(公開中)

旅猫リポート
白と黒のもこもこ毛が可愛い - (C) 2018「旅猫リポート」製作委員会 (C) 有川浩/講談社

 『旅猫リポート』は猫好きの青年・悟(福士蒼汰)と愛猫のナナが新しい飼い主を探すため、旅に出るというストーリー。

【猫×イケメン!いやし効果2倍】

[PR]
旅猫リポート
ほかの猫ちゃんも登場 - (C) 2018「旅猫リポート」製作委員会 (C) 有川浩/講談社

 猫とイケメンという最強のいやしタッグを主人公にした本作は、とにかく温かい人と動物の心の交流が見どころです。元野良猫のナナは誇り高きツンデレ猫だけど、本当は悟のことが大好き! 白と黒の毛をもこもこと波打たせながら歩く姿はとびきりキュートなのに、瞳はクールで聡明さを感じさせます。悟はある事情からナナを手放さなければならず、そこには悟のとある秘密があって……。涙が止まらなくなるくらい切ないシーンもあるけれど、観たら絶対心がポカポカになる優しい世界の物語です。

『トラさん~僕が猫になったワケ~』(2019年2月15日公開)

トラさん
トラさん(猫)と娘の実優(平澤宏々路) - (C) 板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

 急死した漫画家が“猫”として家に戻ってくる。そんな斬新な設定でありながら、『トラさん~僕が猫になったワケ~』は主人公が人として生きていた間には気づかなかった心を見つめなおすヒューマンドラマ。

【元人間の猫が主役!?】

 猫のトラさんは、“元は”ギャンブル好きでいい加減な日々を送っていた売れない漫画家の高畑寿々男(北山宏光)。トラ猫の姿で妻と娘のもとに戻り、ペットとして家族と生きることになります。注目ポイントは映画初出演にして主演を務める北山が猫の格好をして猫になった寿々男の姿も演じていること。猫の動きを研究して挑んだといい、本物の猫とは一味も二味も違った魅力は一見の価値ありです。一方で、家族の目にトラさんは猫そのものに見えており、北山と役者猫による二人一役(?)にも期待が高まります。

[PR]

『ねことじいちゃん』(2019年2月22日公開)

ねことじいちゃん
可愛いしか言えない - 配給:クロックワークス (C) 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

 そのタイトル通り、猫と暮らす70歳のおじいちゃんを描く『ねことじいちゃん』。妻に先立たれた元教師の大吉(立川志の輔)と、人間で言えば40代の男盛りな猫のタマの、一人と一匹暮らしを描きます。

【“猫充”にうってつけ】

ねことじいちゃん
じいちゃんの上でお昼寝? - (C) 2018「ねことじいちゃん」製作委員会

 全シーン必ずどこかに猫がいる! というほどたっぷり“猫充”できる本作は、猫と老人ばかりの島が舞台です。大吉を毎朝散歩に連れ出すことが日課という頼もしいタマですが、近所の三毛猫・ミーちゃんに夢中というチャーミングな一面もあり。そんなタマに“しもべ”のように言いなりな大吉の趣味は、妻の残したレシピノートを完成させること。可愛くてたくましい猫たちはもちろんのこと、島の美しい風景や、心のこもった食事といった素朴な幸せの中に本当の宝物を見つけられるような一作です。また、ドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」などで知られる動物写真家・岩合光昭が初めて映画のメガホンを取ったことでも話題です。

『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』(2019年春公開)

初恋
黒猫がセンターにちょこん - 配給:クロックワークス (C) 2019西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

 50年を一緒に過ごし、人生の晩年を生きる夫婦。ある不安を抱いていた妻は離婚を考えますが……。『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』は猫と暮らす夫婦が初めて互いの気持ちに向き合うことになる感動のラブストーリーです。

【黒猫が奇跡をくれる!】

初恋
猫捜し中? - (C) 2019西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

 子供は巣立ち、夫は無口、話し相手は猫だけ。妻が夫への不満や不安を募らせてしまうなんて、実際にあるかもしれないシチュエーションの本作。亭主関白な夫・勝(藤竜也)と離婚を決意した妻の有喜子(倍賞千恵子)と暮らすのは黒猫のチビ。有喜子の意思を聞いた子供たちが大騒ぎする中、有喜子の心の拠り所だったチビは姿を消してしまうのです。チビをめぐって見えてくる、リアルな家族の問題は誰しも共感できるもの。しかし、そんなチビが導く素敵な奇跡には胸キュン! 物語で象徴的に描かれることも多い黒猫がどんな役割を果たすのかにも注目です。

[PR]

番外編~猫映画かもしれない映画~

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』(12月14日公開)

妖怪ウォッチ
猫映画と言い切る! - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018

 母親を亡くした主人公と姉を亡くした少年や妖怪が見える少女が、妖怪たちと共に冒険に挑むという物語。人気アニメの劇場版第5弾『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』には妖怪の“猫又”が登場します。

【実は猫いっぱい】

妖怪ウォッチ
妖怪の猫又さんです - (C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018

 本作では、あまりにも可愛い猫の妖怪・猫又が活躍。黒と白のふさふさの毛と大きな耳がチャームポイントですが、こ~んな可愛い見た目とは裏腹に実はひねくれ者かもしれないという情報あり……!『妖怪ウォッチ』シリーズと言えば、おなじみの猫の地縛霊・ジバニャンをはじめ、ジバニャンの未来の姿でロボットの妖怪・ロボニャン、ジバニャンの先祖の霊が妖怪になったブシニャン、浮遊霊の妖怪・フユニャンなどなど、実は猫にまつわる妖怪がいっぱい登場してきました。今作は猫又をはじめとする妖怪と少年少女が織りなす友情物語。妖怪でも猫はやっぱり人間と仲良しになれるんです!

猫
とても可愛い猫 - iStock / Getty Images

 公開中~公開が控える猫映画を紹介してきました。何かと大変な毎日のなか、猫と遊びたい、猫と暮らしたい、猫みたいに自由気ままに生きたい、むしろ猫になりたい……と欲望は尽きませんが、つぶらな瞳とふわふわの毛に心いやされれば、一日頑張れそうですね。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 特集・連載
  2. 今週のクローズアップ
  3. やっぱり猫が好き!もふもふ可愛い猫映画に注目
[PR]