『ヴェノム』1位スタート!3日間で約40万人を動員

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
1位はヴェノム! - (C) &TM 2018 MARVEL

 土日2日間(11月3日~11月4日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、スパイダーマンの最強最悪の敵を主人公にしたマーベル映画『ヴェノム』が初登場1位を獲得した。

【動画】トム・ハーディが最も残虐な悪に!『ヴェノム』予告編

 同作では地球外生命体に寄生されて特別な力を身につけたジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)の戦いが描かれている。土日2日間で28万9,012人を動員し、興行収入は4億3,903万5,300円。初日の2日をあわせた3日間の累計では動員39万6,989人、興収5億9,615万2,400円となっている。本国アメリカでは10月5日に封切られた同作は、11月5日時点での全世界累計興収が5億4,160万ドル(約596億円・1ドル110円計算)に達している。

[PR]

 また、北川景子が主演した『スマホを落としただけなのに』は2位に初登場。同作はSNSに潜む恐怖を描いたミステリー作品で、千葉雄大バカリズム成田凌田中圭らも出演している。

 ほか新作では黒木華野村周平がダブル主演した『ビブリア古書堂の事件手帖』が6位スタート。志尊淳佐野勇斗らイケメンキャストが集結した『走れ!T校バスケット部』が9位、人気シリーズの第6弾『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇』が10位にランクインした。

 既公開作品では先週1位だった公開2週目の『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が3位、同じく公開2週目の『旅猫リポート』が5位となっている。

 今週は『ボヘミアン・ラプソディ』『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』『GODZILLA 星を喰う者』『体操しようよ』『生きてるだけで、愛。』『ういらぶ。』『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』などが公開される。(編集部・海江田宗)

【2018年11月3日~11月4日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

[PR]

1(初)『ヴェノム』:1週目
2(初)『スマホを落としただけなのに』:1週目
3(1)『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』:2週目
4(3)『宇宙の法-黎明編-』:4週目
5(2)『旅猫リポート』:2週目
6(初)『ビブリア古書堂の事件手帖』:1週目
7(4)『億男』:3週目
8(5)『日日是好日』:4週目
9(初)『走れ!T校バスケット部』:1週目
10(初)『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章 回生篇』:1週目

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 11月
  4. 5日
  5. 『ヴェノム』1位スタート!3日間で約40万人を動員
[PR]