池田エライザ主演『ルームロンダリング』テレビドラマ化!舞台あいさつでサプライズ発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
『ルームロンダリング』テレビドラマ化が決定! - 映画初日にキャスト&監督が集結

 女優の池田エライザが7日、都内で行われた主演映画『ルームロンダリング』の初日舞台あいさつに出席し、同作がテレビドラマ化されることを自らサプライズ発表した。

【画像】真っ赤なドレスがかわいい!池田エライザら出席の舞台あいさつ

 事故物件に住んでその部屋を浄化する“ルームロンダリング”を仕事とするこじらせ女子の八雲御子(池田)が、幽霊たちの望みをかなえるために奔走する姿をコミカルに描いた本作。池田は「今まで頂いたことのない役柄だったにもかかわらず、すごく役に入り込んで、身を投じられる作品でした」と思い入れの強さを明かしていただけに、イベント終盤にテレビドラマ化を発表すると「今後も頑張ります」と充実の表情を見せた。

[PR]

 御子にはすっかり感情移入したという池田だが、「御子ちゃんが自分を超えていく瞬間は、自分には足りないものもあって難しかった」と女優としてチャレンジングな役柄となったという。「わたしも含め、世の中の奥底で生きている人たちの心をすごくよく表している作品で、台本を読んだ時からほれ込んだ作品でした。撮影が終わっても『ルームロンダリング』離れができないのが実は嬉しくもあります」としみじみ語った。

 舞台あいさつには池田ほか、共演のオダギリジョー、渋川清彦、伊藤健太郎、木下隆行(TKO)、片桐健滋監督も出席した。オダギリは「池田さんは暗い」と切り出すと、「一緒に芝居をしていても暗いんですよ。その暗さはどこから来ているのかなという興味が湧いて、待ち時間にちょこちょこ話を聞くようにしていたんですけど、(彼女は)すごく面白い環境で育っていて。だからこそ俳優としても必要な感性や感覚がよく備わっているんだろうなって」と池田を絶賛。「そういう環境だからこそ育てられた感性が今後も生かされて、幅広い演技のできる女優さんになるだろうと思います」とエールを送った。

 これには伊藤も反応して「僕が観ていた作品での池田さんは天真爛漫で。そのイメージでお会いしたら暗い……。もちろん、いい意味で、ですけど」とニヤり。伊藤はまた、今日が「健太郎」から本名の「伊藤健太郎」に改名して初の舞台あいさつであったことも報告し、「今後も頑張っていきます」と意気込みを述べていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ルームロンダリング』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 池田エライザ主演『ルームロンダリング』テレビドラマ化!舞台あいさつでサプライズ発表
[PR]