津田寛治、主演作『名前』初日満席に感無量!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
津田寛治

 俳優の津田寛治が30日、都内で行われた主演映画『名前』の初日舞台あいさつに登壇。朝早くから満席となった劇場を見渡し、「ぶっちゃけ、僕の(主演)映画でこんなに客席の埋まった舞台あいさつはほとんどないので、めちゃくちゃうれしいです!」と満面の笑顔を見せた。この日は、ダブル主演を務めた女優の駒井蓮、共演者の勧修寺保都池田良木嶋のりこ金澤美穂田村泰二郎筒井真理子川瀬陽太戸田彬弘監督、そして原案・主題歌を担当した道尾秀介も出席した。

【写真】『名前』初日舞台あいさつの様子

 津田といえば、これまでさまざまなキャラクターを変幻自在に演じてきた名バイプレイヤー。今回は、主演としてそのキャリアを生かし、1本の映画の中で複数の男に「なりすます」という新たなチャレンジを試みているが、これに対して津田は、「僕は常々、役者だけでなく、どんな仕事に就いている方でも、何かを『演じる』ことによって社会でのポジションを確立しているんじゃないかと考えていたんですが、そんなときに(タイミングよく)この話をいただいきました」とコメント。

[PR]

 まさに役者として本領発揮、いつも以上に意気込むかと思いきや、津田は、「監督から『そこが見せ場、うまく演じ分けてほしい。そうすれば、津田さんの演技の幅がさらに広がるのでは?』なんて言われたらどうしよう」と逆にプレッシャーを感じていたと吐露。ところが戸田監督は、「演じなくていいです! 正男のままで」と食い気味に強調したことで肩の荷が降りたという。

 「(津田が演じた)正男という人物はもちろん演じるのですが、正男自身は演じている意識はなく、ああいう『なりすまし』の日常を送っている男、ということでやらせていただきました。でも、上がりを観たら無意識のうちに(いろいろな人物)を演じている結果になっていた。監督は若いのに力量がありますね」と感心していた。

映画『名前』のメンバー

 本作は、直木賞作家の道尾が書き下ろしたオリジナル原案を映画化したヒューマン・ミステリー。エリートサラリーマンや工員など、身分を偽りながら自堕落に生きる主人公・正男を『空飛ぶタイヤ』『シン・ゴジラ』などの津田が、物語の鍵を握る不思議な女子高生・笑子に『心に吹く風』やドラマ「先に生まれただけの僕」などで注目の駒井がそれぞれふんし、疑似親子の絆や思春期の心の揺らぎを繊細に描き出す。
(取材・文:坂田正樹)

映画『名前』は新宿シネマカリテほかで公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 7月
  4. 1日
  5. 津田寛治、主演作『名前』初日満席に感無量!
[PR]