『アンパンマン』原作者やなせたかし氏の教え…戸田恵子が振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
『アンパンマン』今年で映画30周年!

 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の初日舞台あいさつが30日に都内で行われ、アンパンマン役の戸田恵子が「やなせたかし先生(原作者)の、人が喜ぶことをしなさいという教えのもと、みんなで一生懸命やってきました」と今年で30周年を迎える劇場版シリーズを振り返った。

【写真】杏や戸田恵子が子供たちの“映画館デビュー”に立ち合い!

 この日のイベントには戸田のほか、児嶋一哉アンジャッシュ)、ドリーミングも登壇。ゲスト声優の杏が「映画館初めての人?」と子供たちに問いかけると、至るところから「はーい」という声が上がる。そんな風景に杏は「全国にも“映画館デビュー”のお友達はたくさんいると思いますが、みんなの初めてに立ち会えてうれしいです」と笑顔を見せる。

[PR]

 “映画館デビュー”にちなんで、新たにデビューしたいことを聞かれた戸田は「もう新しいことに出会うことがなくなってきているんですよね」とつぶやきながらも、「ヌカ漬けをやっているのですが、最近梅干を漬けました」と一風変わったデビューを明かすと、杏は「最近ミシンを買いました。中学生の家庭科以来なのですが、子供のためにお洋服とか作れるようになったらいいですね」と母の顔をのぞかせた。

 一方の児嶋は「目が悪くなってきて、老眼デビューしようかなと。僕は頭が悪いので子供新聞をとっているのですが、漢字にふられているルビが見えないんですよ」と発言し、客席を沸かせていた。

 舞台あいさつ後半では、主題歌を担当するドリーミングも参加し、会場みんなで「アンパンマンのマーチ」を歌唱。ドリーミングの二人は「テレビで流れている『アンパンマンのマーチ』は実は2番なんですよ」という豆知識を披露すると「昔、やなせ先生とアンパンマンのマーチの歌詞について話したのですが『まだ言葉の意味がわからない子供だからこそ、いい言葉を伝えなさい。そうすれば子供たちは、言葉にそった生き方を選ぶんです』と話していたんです」とステキなエピソードを明かした。

[PR]

 やなせ氏の絵本を原作にしたテレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版シリーズ第30弾となる本作。テレビアニメの第1話に登場した“いのちの星”をテーマに、アンパンマンたちが星を救うために、仲間と力を合わせて戦う姿を描く。「30年もやってきたんだなと感慨ひとしおです」と感無量な表情を浮かべた戸田は、「この作品は100年続くと思います」と熱い思いを吐露。「やなせたかし先生の、人が喜ぶことをしなさいという教えのもと、みんなで一生懸命やってきました」としみじみと語っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 6月
  4. 30日
  5. 『アンパンマン』原作者やなせたかし氏の教え…戸田恵子が振り返る
[PR]