舘ひろし、“妻”黒木瞳に感謝!『終わった人』で仕掛ける芝居楽しむ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
中年夫婦を演じた黒木瞳&舘ひろし

 俳優の舘ひろしが9日、丸の内TOEIで行われた映画『終わった人』(公開中)初日舞台あいさつに黒木瞳広末涼子中田秀夫監督と共に登壇。いままで受けの芝居が多かったという舘は、今作では仕掛ける芝居を楽しんだそうで、妻役の黒木に「黒木さんの手のひらで転がされたおかげでできた映画です」と感謝した。

黒木瞳&広末涼子、舘ひろしに花束プレゼント【写真】

 本作は、数々のヒット作を世に送り出してきた脚本家・内館牧子の小説を、映画『リング』シリーズなどの中田監督が映画化。定年退職し世間から終わった人と見なされた元会社員・田代壮介(舘)と、そんな夫に呆れて向き合うことができない妻・千草(黒木)、壮介が思いを寄せるカルチャースクールの受付嬢・久里(広末)が織り成す人間模様を描く。

[PR]

 この日も、ダンディなスーツとシックな黒のドレスで格好よさと美しさが際立っていた舘と黒木。そんな姿に広末は「本読みで初めてお会いした際は、定年を迎える夫婦を演じるなんてできるのかなと思うぐらい二人とも美しいなと思ったのですが、いざ撮影になると、あんなにキラキラしていたのに、ちゃんと中年夫婦に見えるんです。本当にスターはすごい」と絶大絶賛。

 そんな広末の発言に照れながら突っ込みを入れていた舘だったが「今回の現場は、中田監督と、いろいろお芝居の相談をしました。僕はいままで受けの芝居が多く、仕掛ける芝居をあまりやらせてもらえなかったのですが、すごく楽しんでいろいろやった。でもそういうことができたのは、黒木さんが千草という役をしっかり演じてくれたおかげだと思うんです。黒木さんの手のひらで転がされたおかげでできた映画です」と感謝を述べる。

 一方の黒木は「本当に撮影中、中田監督と舘さんがコソコソ、クスクス笑いながらお芝居の相談を楽しそうにしている姿を見ていると、男の人って本当に可愛らしいなと思いました」と撮影を振り返った。

 舘と黒木は30年来の知り合いということで現場でも息がピッタリだったというが、広末は「本を読んだときには広がらなかった楽しくキュートな部分が、お二人のおかげですごく広がりました。本当に終わっちゃいそうな人がこの役をやったら、ただの悲しい話になってしまっただろうから、『終わらない二人』じゃないとダメだったんだろうなと思いました」と絶妙なキャスティングだったことを実感したという。

[PR]

 また、劇中で定年後の「終わった人」を演じた舘だったが、「終わらない人」になる秘訣を聞かれると「日々、女性を見ること。犬でもネコでもメスしか見ないことですかね」とジョークを飛ばして会場を盛り上げる一幕もあった。

 後半には、作品を引っ張ってきた舘に黒木と広末から花束が贈られる。まさに両手に花となった舘は「花は貰い慣れていないんです。わたしの方があげたいという気持ちが強いので……」とダンディな発言をすると、会場に詰め掛けた満員の観客に向かって「定年は人生の通過点。そこから始まることもたくさんあるので、しょげないで前を向いてください」とメッセージを贈っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 舘ひろし、“妻”黒木瞳に感謝!『終わった人』で仕掛ける芝居楽しむ
[PR]