黒木瞳、舘ひろしと夫婦役共演に「わたしにしかできない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
艶やかな装い!

 内館牧子の同名ベストセラー小説を『女優霊』『リング』などのホラー映画の巨匠・中田秀夫監督が映画化したコメディー『終わった人』(6月9日公開)の完成披露会見が10日、都内で行われ、夫婦役で映画初共演した舘ひろし黒木瞳が登壇。黒木は舘との夫婦役について「舘さんのことは昔から知っているので、長年連れ添ってきた夫婦の役はわたしにしかできないだろうと自負して受けたんです」と話して笑顔を見せた。

【写真】黒木瞳、艶やかな装いで舘ひろし、広末涼子らと『終わった人』会見へ

 定年退職し世間から終わった人と見なされた元会社員の悲哀と、そんな夫と向き合えない妻の関係をハートフルに描く本作。会見には舘、黒木のほか、共演者の広末涼子田口トモロヲベンガル、原作者の内館、中田監督が出席した。

[PR]
夫婦役で共演した舘ひろしと会見へ

 定年を迎えた情けない主人公・壮介役を演じた舘は「随分前にお話を頂いて、タイトルを聞かされて、自分も終わりに近い人間だと思っていたのであまりやりたくないと思ったんですけど、それからすぐにホンを読ませてもらったらすごく面白くて。シニカルな面もある原作に対して、脚本はコミカルで。これは面白いんじゃないかと思ってやらせてもらいました」と出演の経緯を紹介。

 「今回は割と攻撃的な芝居。いろんなことをアドリブでやらせてもらって毎日が楽しかった」と舘は充実した撮影の日々に思いを巡らせ、「橋を渡ってロケ地に行くんですが、橋を渡るときに岩手山が見えてすごく感動的でした」と盛岡ロケを楽しげに述懐。苦戦した岩田弁については「壮介は二つの岩手弁を使っている」と分析したそうで、「(広末演じる)久里と近づきたくて使う岩手弁と、ラグビー部の面々や仲間を相手に自分の気持ちを吐露するときの岩手弁があると思ったんです。そのあたりを使い分けるのに苦労しました」と明かした。

 会見の終盤には100歳になったときの自分について質問を受けたが、「死んでます。そこまで持たないと思います。そこまで考えたことがないです」と苦笑い。そんな舘との共演の感想を問われた黒木は「役者としてすごいなって。ここまである意味自分を捨ててその人になっていく勇気とか、チャレンジャーな面をわたしも見習わないといけないなって思いました」と舘の奮闘を絶賛していた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

話題の記事

[PR]
  1. 映画ニュース
  2. 2018年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 黒木瞳、舘ひろしと夫婦役共演に「わたしにしかできない」
[PR]