どなたでもご覧になれます

アート・オン・スクリーン/私は、クロード・モネ (2017)

2018年7月14日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
アート・オン・スクリーン/私は、クロード・モネ
クロード・モネ『印象、日の出』,1892年

見どころ

美術史に残る巨匠を取り上げるシリーズの一作で、日本でも人気の高いクロード・モネに迫るアートドキュメンタリー。モネが残した手紙や言葉を通して、彼の創作や人間性をひもとく。印象派の名前の由来となった「印象、日の出」のほか、「睡蓮」「日本の橋」などの作品が登場。監督とプロデューサーを、『レオナルド・ダ・ヴィンチ展 in シアター』などのフィル・グラブスキーが務める。

あらすじ

「印象派」という言葉のきっかけとなった絵画「印象、日の出」などで知られ、19世紀から20世紀の印象派を代表するフランス人画家クロード・モネ。知られざる一面やモネが生きた時代を、その作品と彼が残したおよそ2,500通の手紙や彼自身の言葉から探る。

[PR]

スタッフ

監督・プロデューサー

映画詳細データ

英題
I, CLAUDE MONET
製作国
イギリス
配給
  • ライブ・ビューイング・ジャパン
  • カルチャヴィル
製作会社
  • Seventh Arts Productions
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

[PR]
  1. 映画
  2. 2018年7月9日の週の公開作品
  3. アート・オン・スクリーン/私は、クロード・モネ
[PR]