ボルベール <帰郷> (2006)

2007年6月30日公開 120分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
ボルベール <帰郷>
(C) EL DESEO, D.A, S. L. U. M-50529-2005

見どころ

カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモドバル監督と『オール・アバウト・マイ・マザー』以来の顔合わせとなるペネロペ・クルス。アルモドバルらしいビビッドな色彩の中で展開する人生賛歌を堪能できる。

あらすじ

10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために日々忙しく働いていた。ある日、火事で死んだはずの母親が生きているといううわさを耳にする。そんな中、肉体関係を迫ってきた父親を、パウラが殺害してしまうトラブルが発生し……。

[PR]

関連記事

すべて見る »

キャスト

スタッフ

監督・脚本
製作
製作総指揮
撮影
音楽
編集

映画詳細データ

英題
VOLVER
製作国
スペイン
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア

おすすめ特集

[PR]
  1. 映画
  2. 2007年6月25日の週の公開作品
  3. ボルベール <帰郷>
[PR]